2017年08月27日

ぼくもお父ちゃんも4泊5日。

夏休み最終日。起きてからすぐにらめっこです。
息子はノートと,私はパソコンと。
最終日の風物詩といえば微笑ましいですが,本人の気持ちにそんな余裕はありません。
私は早々に飽きて,ちょっとこちらに逃げてきました。

今年は遠出なしの夏休みでした。
タイトルのイベントで,時間がうまく使えなかったのが一番の要因です。
4泊ってのは,あまり経験できない長さ。ですから,記念に記しておきます。

まずお父ちゃん。
東北大学の公開講座に参加してきました。
4泊です。宿泊場所は,東北大学川渡共同セミナーセンター。
この建物,自分と同じ歳だとのこと!170802_083641

ここで毎年同じイベントが行われているそうです。
歴史ある建物ならではかもしれませんが。噂では網戸なし,冷房なし。(実際網戸は壊れてはいますがありました!)
害虫と暑さにやられる5日間だということを想定し,レベルの高い虫除けや冷却剤を用意しました!
しかしこの夏は歴史的な冷夏。夜は窓を閉め,真夏にまさかの毛布出動。
起床→ご飯→講義→ ご飯→講義→温泉→ご飯→夜のワークショップ→深夜のワークショップ→就寝。なんと規則正しい生活。
毎日夕方の日帰り温泉も気持ちよく,何よりたくさんの同朋に出会えた有意義な5日間でした。

そして息子。
参加したのは「みなとのまち100凖綿發領后廖
5日間かけてご近所の町を練り歩くイベントです。
毎年暑さと戦いながら歩くらしいですが,父イベント同様今年はちょっと違って寒い夏。そして台風に直撃。
雨風の中,100劼鯤發抜きました。170811_150259

宿泊は途中の学校の体育館&自衛隊駐屯地にて,寝袋で。
違う学校の友達と寝食を共にする,なかなかできない経験。「来年も参加する!」そうです。
このイベント,子どもたち100名と同じくらいのスタッフが同行し,手厚く子どもたちを助けます。
もしかすると,何も考えずとも歩くことのできるイベントですが,きっと学年が上がるにつれて,彼にとって身になるところの大きいイベントになっていくことでしょう。

他,プログラミングの体験,恒例おじさん家お泊まり会,(お父ちゃんが)頑張って手に入れたSwitchに興じるなど…。
まあまあの夏だったということで。DSC09508

さて,彼の自学ノートも残り1ページ半。
今年の夏休みもこれにておしまいです。
2学期,お互い大変ですが,日々なんとかやっていきましょう。




jo_doko at 12:25|この記事のURLComments(0)裏職 | 息子

2017年05月22日

24年越しのYUKIちゃん。

前回の更新より2か月半。
年度末,年度初めの慌ただしさは,やっぱり特別なもの。
しかも今年はまた新しい立ち位置。
いろいろな発見のある日々。
面白くもあり,難しくもあり。
そしてどうしようもない状況に足を踏み入れてしまった感満載。

そんな中,最近のビッグニュースは,愛しのYUKIちゃんに会いに行ったこと。
自分,敬愛するアーティストには,だいたいお目にかかっているのです。
タイミングとか同行者とかが合わないとか,そんなこんなで会いに行けない24年間。
ソロデビューしてからはほとんど聞いていなかったのです。
3月。蔦屋書店にKANちゃんのCDを買いに行ったときのプロモーションにビビビッときまして。
「ポストに声を投げ入れて」のPV。楽曲の良さもさることながら,YUKIちゃんのビジュアル!
今までに感じたことのない(笑)YUKIちゃんの透明感のかわいさにビビビ。というか,ビビりました,45歳。
アルバム購入と,そしてグランディに会いに行くというイベントに相成った訳でございます。

大イベント運動会当日の夕方17時開演。
帰宅後すぐに一人徒歩で会場に。
会場は基本若者!
あなたが生まれたときにジュディマリ全盛期だったんじゃない?
あなたのお母さんとYUKIちゃんは同じくらいの歳なんじゃない?てな感じの客層にびっくり。
それもYUKIちゃんの魅力なんだろうねえ。

そして公演。
初めての生YUKIちゃんと客席の高いテンションについて行けない自分。
ほとんど知らない曲ですしね。
きらきらテープ,隣の人にあげちゃったし。つかれた…。
最近はKANちゃんのが大きいライブ,種ちゃんライブに至っては,本人と3m。YUKIちゃんは豆粒。
疎外感たっぷりの時間。
それでも,YUKIちゃんの魅力はたっくさーん受け取ってきました。
これから15年間の空白を少しずつ埋めるべく,聴いていきたいと思います。


実はこの後,YUKIちゃんとの出会いからJAM解散に至るまでの思い出を綴り,なぜか放置していたのですが,今編集中にデータが消えた!
ということで,記念としてこのままアップします。
jo_doko at 18:12|この記事のURLComments(0)音楽 

2017年03月19日

「Concerto col Quartetto da Muroia」。

いろいろな意味でまた記憶に残る平成28年度も先が見えてきました。
併せてKAN師匠の芸能生活29周年記念特別感謝活動年もそろそろおしまいです。
感謝活動年イベントの一環,ストリングスツアー「Concerto col Quartetto da Muroia」に行って参りましたので,レヴューです。

まずは先行して発売した「la RINASCENTE」。
ライブが近いので特にどうしてもフライングゲットしたい私ですが,年度末で暇ではありません。
よって楽天スーパーセールにネット注文!と思いましたが,まさかの予約不可。(もしくは発売日以降出荷。)
焦ってご近所CDショップに注文しようかと思うと,これは恒例「入荷なし,発売後取り寄せ」笑。
街に行くわけにも行かないので,電話で何店舗か問い合わせをして,1枚入荷の蔦屋書店でお買い上げ。

弦楽4重奏によるセルフカヴァーアルバムですから,曲自体に目新しさはありません。
でも,なんせ選曲がいい。さすがです。
特に「CLOSE TO ME」「いつもまじめに君のこと」「キリギリス」あたりはツボ曲。
でもこのアルバムは,カーステレオよりヘッドフォン,イヤフォンがオススメです。
こまいところが聴き取れます。
この前買ったハイレゾ対応イヤフォン(←次のブログネタ)で3日間聴きまくって,いよいよライブ。

さて,このライブは,この前の師匠弾き語りのリベンジでもあります。
このブログをお読みいただいている皆様はご存知の通り,弾き語りはKANちゃんライブ初の中座。
その反省を踏まえ,息子も連れて行こうと提案してみたものの,「んー,また次にするかな」。
仙台市民会会館の嫌な記憶を払拭すべく,確実にうん〇をさせてから預けてきました。

いきなり感想です。
3列目でKANちゃんとっても近かったんですけど,これだけKANちゃん目にいかないライブは初めてです。
教え子たちには音楽の時間にそれっぽいウンチク語りますけど,全くといっていいほど楽器に興味のない私。
その私が終始見とれていたのは,弦楽器と奏者の4人と,そして奏でられる音楽。
演奏のときだけライトアップされるので,ライト落ちるとKANちゃん,みたいな始末でした。

思い出したのは,せっちゃんのストリングスコンサート。
あれはきっと2001年冬。ブログ探そうと思ったけど,今はおいといて。
あのときも第一ヴァイオリン,第二ヴァイオリン,ヴィオラ,チェロ。違うのはせっちゃんギター。
そしてとっても感動し,途中で眠気に襲われるというびっくりも同じ。
なんだっけ。1/fのゆらぎだっけ。それだなそうにちがいない。
そしてゲストは佐藤竹善さん。
生の掛け合いを聞くのは初めてでしたが,これまた面白く,3時間弱の楽しい時間となりました。

帰りに,ツアーグッズの手書き総譜を買おうと思ったら,売り切れ。
KANちゃんが言うように,スコア見ながらCD聴きたかったのに。
これからツアーに参戦する方,余裕があればお願いしまーす。

こちらはCDジャケットと特製チケット(レアver.)。
IMG_1489821955363


さて,仙台在住の皆様,我が母校の雄(ゆう),石垣のりこさんのラジオ番組に今からKANちゃん出演しますよ。
本日20:00よりDate fmで。
http://www.datefm.jp/sys_data/articles/605000000925.html

2017年03月11日

ただただ精一杯。

6年が経ちました。
朝読んだ楽天の岸投手の記事。妙に納得。
黙祷。あのときのウインドブレーカーで。
夜はこの急がしい中、お決まりの漫画鑑賞。星守る犬で号泣。

今年もいろいろ考えさせられる1日でした。
明日からもまた精一杯生きようと思います。

2017年01月22日

驚異!アンテーザイ!

次回更新は誕生日と言いながら,10日ほど過ぎておりました。
さて,歳を重ねる毎に何が変わるかって。
そりゃあ人生経験から深みのある人間になりますよね。普通は。
でも自分の場合は,経年劣化しかないわけです。
外見ばかりいつも語ってますが,もちろん中身も。です。

ということで,2010年より毎年検診で何らか引っかかっています。
初めての精密検査は胃カメラ。
あれから6年。本年2度目の胃カメラと相成りました。

さて,その初回の胃カメラ。
職場で不安を訴えていたら,当時の副社長からおすすめのお医者さんを紹介されました。
名医だから大丈夫,結構強気で行った感想。
「二度と飲みたくない。」
いや,無理ですよ。あんなのを喉から入れるなんて。

でも今回の所見は食道の粘膜不整。
もしかしたらほんのちょっとで終わるかもしれない。おえーーくらいで。
そんな超単純な理由で胃カメラを決断。
本当は小型カメラ飲みこむだけの検査がしたかったけど,超高額。

さあ当日。車の運転はできないとのこと。
で,バス−電車−バスという新鮮な交通手段で病院へ。
運転できない理由が,タイトルになっております「安定剤」。
安定剤とはなんぞやと訊けば,「辛さを軽減する,ぼーっとさせるお薬なんだよ」と看護師さん。

いよいよ番です。
寝かされ,のどの麻酔をされ,横にされ,マウスピースをくわえさせられ。
J(このマウスピースからガスかなんかの安定剤が出てくるのかなー。)
D「はい,終わりましたよー。」
N「はーい,おつかれさまですー。」
とマウスピース外される私。
J「え?何が終わったんですか?」
D「きれいな胃でしたよ。」
J「!!!」
J「!!!!!」
J「何も感じませんでしたよ!びっくりです!」
N「じゃあまた来てくれるかな?」←(洒落にならない)

その後の看護婦さんとのやりとりで,この驚異の安定剤は大腸の内視鏡にも効果があるとのこと。
確かにその後30分ほどはちょっとフラフラしましたが,そして一日運転できませんが。
そんなこと,なんでもなーい!
今後の人生に大きく影響を与えるだろう安定剤との素敵な出会いでした。


朝,辛い検査に耐えた折には近くの老舗ハンバーグ屋さんと決めていた自分。
もうスキップする勢いで向かうと,お,お休みですよ。
気落ちしている暇などないくらい,急にお腹の減り具合が限界。
近くの居酒屋ランチにとびこみましたが,実に家庭的なお店でゆっくりまったり。
お店出たところにオサレなどら焼き屋さん。なんと四角いどら焼き。バター入り。
お土産を買い,ふわふわした気分で帰路につきました。あれ?安定剤がまだ効いていたんじゃ…。
DSC_0056

あ,そうそう。
胃はきれいでピロリ菌も陰性,食道もきれいだけど,そのつなぎ目に炎症。
逆流性食道炎と診断名が付きました。
皆様健康第一で。
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS