2011年10月06日

初めてのゴールテープ。

先週の土曜日、幼稚園の運動会がありました。
昨年はプレ年少でもなかったので、実質初めての運動会。
ばあちゃん、おおおじさん、おおおばさんも、応援に駆けつけてくれました。

当日は晴天ながら超強風。
息子の出番は3つ。
かけっこ、マルモダンス、親子競技です。

開会式後、さっそくかけっこ。
111001_092603ちょっとフライング気味にスタート。
途中追いつかれもしましたが、見事1位でゴール。
すばらしい。初めての運動会でゴールテープを切るなんて。
自分は考えてみれば、一度も切ったことがない。徒競走だって、リレーの類だって。
ああ、お父ちゃんに似なくてよかったねえ。遺伝しないらしいからねえ。
写真、手前が息子です。

次はマルモのダンスです。
夏休み前から家でもたまに踊っていたんですが、本番は上手でした。
ビデオを撮影しながら観ると我が子しか見えず、他の子との比較はできませんが。
ビデオを構えた位置が、ちょうど正対だったことは残念。
苦労して場所取ったのに。ふむう。

残るは親子競技。
子どもをおんぶしてのリレーです。
親の鉢巻きと子どもの背負うお寿司がバトン代わりです。
なんと息子、2回走る役を仰せつかりまして、2回目はアンカーです。
まあ走るのは、こっちなんですけど。
くじの結果、いくらチームに決定。
はじめは第2走者です。
2位で受け取ったいくらを、1位で受け渡しました。
なんと言っても息子はクラス最軽量級だからねえ。
その後後続をみるみる引き離すいくらチーム。
トラック半周ほどのリードを保って終盤へ。
途中、親の代わりに体育の先生がさらにリードを広げ、自分の頭はゴールの瞬間。
「いいかい、ゴールするときはガッツポーズだよ、こうね。」なんて練習する余裕アリ。
確かに、あったんです。
さあ、最後の周。さあ、アンカー。
息子とドキドキしながら待っていたら、あれ?いくらまだ?
あれ?あれ?
ようやく見えたいくらのすぐ後に、えびが迫っているではありませんか。
状況は急転です。
ほぼ同時にバトンタッチをするも、えびが一歩早くスタート。
111001_112412意地でも1位を。
ただのお遊び親子競技でも、そう、自分にとっては初めてのゴールテープ。
息子をおんぶする余裕はなく、右手で抱えてえびを追います。
幸いだったのが、もう余裕でトップのバトンパスをするものだと思って勝手に第1レーンに入っていたこと。
コーナーでは超有利。
あとは息子がしっかりしがみついてました。2枚目、すごいな。
なんとか振り切ってゴーーーーーーーーール!

初めてのゴールテープネタ、実はおとうちゃんのことでした。
実に爽快だったもので。

ごめんなさい。
ほっこりした運動会、とっても楽しかったっす。111001_112417










さあ、今から岩手県に行ってきます。
へき地教育研究会。全校児童14人の学校。
jo_doko at 06:40│Comments(0)TrackBack(0)記念 | 息子

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS