2011年11月25日

魅せた!落合!日本一!

完全優勝してから書くはずだった記事。
それがあと一歩(だよね?)のところで潰えたので,なかなか書けずにいました。
職場での大イベントもなんとか乗り越え,しばらくぶりに落ち着いています,気持ちだけは。
ということで,どうしても書きたかった落合日記,ようやく着手しますです。

昔から「落合」と尊敬の念を込めて呼ばせていただいているので,この日記も落合でいきます。

では。

落合との出会いは小学校の時。きっかけは野球チップスカード。
きっといらないカードを無理矢理くれたのでしょう。
それがマイナー,ヒール好きな自分の趣味と合致して,即お気に入りの選手となりました。
プロ野球=落合の成績のみ。野球自体はあまり興味の無い時代でした。

中学時代,その落合が中日へ移籍。
自分にとっては急なメディア露出。巨人戦では生観戦だもの。
中3の時の中日優勝をきっかけに,完全な中日の落合博満ファンとなったのです。
高校時代はまさに落合信者。
毎年三冠王を取ると豪語し,それに匹敵する活躍を魅せる彼。
古田との首位打者決戦,最終戦で全部四球にされたときの,彼のコメント。
ノーヒッター巨人斉藤雅樹からのサヨナラホームラン。
自分にとって完璧なヒーローでした。周りは彼を忌み嫌う人ばかり。それもまた自分にとっては心地良く。
落合の成績に一喜一憂し,次の日の気分も変わる始末。
もちろん中日自体も必死に応援です。
テレビの前でユニフォームや法被を着用し,メガホンを片手に観戦するという変態ぶりを発揮。

その後落合は巨人へ移籍するわけですが,巨人は無条件に憎むべき敵という星野元監督の教えに感化されていた自分が巨人ファンになるわけは勿論なく。
あの世紀の10.8決戦,落合の活躍で負けるという実に微妙な出来事として,今でも脳裏にへばりついています。

日ハム移籍も引退も,強い感銘があったわけではく。
自分は中日の落合が好きだったんだなと,改めて思いました。

落合ほどの贔屓の選手が現れないまま,中日を応援し続けて10年。
中日の成績も微妙な感じで仕事も忙しくなり,野球離れを実感していた2003年に事件が起きました。
そうです,落合監督就任です。

第一報を受けた自分は,当時下のような日記を書いています。
http://blog.livedoor.jp/jo_doko/archives/52306572.html

ともあれ,「中日の落合」がまた戻ってきたのです。野球熱再燃。
しかも落合に監督職が務まるのかという不安はすぐに解消。
落合監督には選手愛があふれている!
「勝ち試合は選手のおかげ,負け試合は監督のせい」なんて,野◇さんや☆野さんからは絶対出ない言葉。

1年目の日記には,他にもこんな記事がありました。

http://blog.livedoor.jp/jo_doko/archives/52306523.html
http://blog.livedoor.jp/jo_doko/archives/7549109.html

ベースが落合だからそう思ったのかもしれない。それでもなんでも。
現役時代の有言実行ぶりはそのままに,独自の理論を生かす監督業。
8年で優勝4回,日本シリーズ出場5回,日本一1回。
三冠王3回に匹敵する成績です。
2005年からは楽天誕生+交流戦=宮城で観戦というボーナスも。
交「竜」戦ではたくさんの仲間もできました。

最後は完全優勝で締めてほしかった。
でもこの日本シリーズは落合ドラゴンズ8年の総決算。
アライバ,森野,河原,佐伯,岩瀬,谷繁。
平田や野本も。
勝ち負けを超えた采配があった気がしてなりません。
その上あと一歩のところまでソフトバンクを追い詰めたことができたこと。
落合監督の采配だけでない何かが働いていたのだと思います。


中日球団との軋轢を考えると中日監督復帰はアリなのか,かなり微妙です。
他球団の監督になれば素直に応援できない現役時代と同じ状況は必至。
でも確かなのは,もう無いと思っていた中日の落合監督を8年間も応援できたこと。
ファンとしてこの上ない幸せでした。
本当にありがとうございました。


これからもいつまでも。DSC_0309a
史上最強のスラッガーとして,史上最強の監督として応援しています。
そしてまた共に戦える日を,楽しみにしています。
jo_doko at 19:34│Comments(0)TrackBack(0)記念 | 野球

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS