2012年02月14日

ハッピーヴァレンタインのおもひでぼろぼろ。

「バレンタインにチョコもってきてもいいですか?」
「なぜそういうことを聞いちゃうのかな…。
 よし、聞かなかったことにしよう。
 もう何も聞くな。はい、あっち行って。」
こんなやりとりが毎年恒例です。

自分はヴァレンタインに無縁な男。
いい人でさわやかな男がチョコをもらえるとは限りません。むしろもらえません。
でも毎年ドキドキしていました。ドキドキが好きでした。
妙に気になる机の中や下駄箱。漫画の読み過ぎ?
ドキドキしているのにもらえないっていうあの、何だろう、ぽっかりとした気持ちというか、敗北感は、やっぱり人間として必要なこと。
故にチョコ禁止で貴重な人生経験を無下にしてはいけない。

昨今のガチガチな職場は,もちろん勉強に関係ない物禁止。
近年は自分が声高に言わなければいけないポジションでもあります。
だから明言はできません。自分にはやっぱり、冒頭のやりとりしかできません。
真意はひとつ。
「どうぞ見えないようにうまく実行してくださいな。」
そのくらいのスキルは身につけてもらわないと。
そして担任にくらい、いつもお世話になっていますとさりげなく渡してやるくらいじゃないと。
うむ。

さあ、今年のヴァレンタイン。
今年はお子たちとのそういうやりとりもなく、すっかり呆けていた自分。
朝、出勤して先輩から一言。
「うちは他と違うからね。指導しないでね。」
間髪入れず女の子全員が登場。何のためらいもなく堂々とチョコを手にして、配り始める。
さすがおらほの学校。全員に友チョコを渡すのが習わしらしく。
どうもすみませんねー。
こういう気持ちが、大きくなったときに生きてくるんですね。
そこで心配なのは男子。
やっぱりあのドキドキ感や挫折感は、味わっとかないけんばい。
中学に入ったら現実をとくと味わうがよかとばい。

最近は友チョコが主流らしいけどね。



なんかタイトルが、「嘘、大げさ、紛らわしい」になっちまっていますね。
いやね、帰りに見かけた利△高や富▽高のカップル。
遠い昔を思い出しちまったわけですよ。

男子校だった僕は、正門前でチョコ渡そうと、出待ちしている女の子達を横目で見ながら帰宅したもんです。
そんなんでも、どこかで声をかけられるんじゃないかとわざとゆっくり走ったくらいにして。
結局杞憂に過ぎず、スムーズに帰宅。
そんなときに限ってチョコが欲しいが買うわけにもいかず。
オカーサマからのチョコはかえって淋しさを増大させ。
もしかしたら家までもってきてくれる人がいるかもしれない。
あと5時間。2時間。30分。5分。
はい、15日。
そんな高校時代。あまりに昔なので、イメージですけど。


本日の話に戻ります。
そんなこんなで自分にしてはけっこうな収穫。
DSC_0434今日はヨメからのhacchi謹製バナーヌショコラをいただきました。
お子たち&お世話になっている方々からのは、スミマセン、ゆっくりいただきます。
丁度2週間後にドックを控え、今甘いものを我慢している身ですから。
大丈夫です、必ず全部いただきます。大切なことです。
勿論まだまだ受け付けておりますので、渡し忘れた方もダイジョブです。
この精神は、当時から変わっていないな…。


追伸
6年生の女子に「ホワイトデーにも本命クッキーとかあるんですか??」とか聞かれました。
かなり困りました。
あるんですか??
jo_doko at 23:49│Comments(0)TrackBack(0)裏職 | 徒然

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS