2013年04月15日

Mr.Childrenと僕。

FBには書きましたが、金曜日の朝にミスチルツアートラックに遭遇。
偶然にもミスチル聴いているときの出来事だっただけに、ミスチル熱上がっています。
2劼△泙蠕茲離▲蝓璽覆鯀△泙靴思う今週の末コラはミスチルと自分の出会いについてです。

ミスチルとの出会いは予備校の時かな。
「君がいた夏」を音楽専門チャンネルで聞きました。
初めて手にしたCDはたぶんその冬、2ndの「Kind of Love」。
でも手にしただけ。当時のエスパル3階にあったレコード屋さんで。
紙ジャケットのミスチル2ndと有近真澄の2ndを天秤にかけ、有近さんを選ぶという大失態。(有近さんすみません)
ほどなく「抱きしめたい」のC/W「君のこと以外は何も考えられない」が個人内大ヒット。
慌ててアルバムを買いにいくも既に通常ジャケット。
んー。まあ別にいいけどさ、売ったりしないから。

「Kind of Love」にはまった僕はもちろん「EVERYTHING」も購入。
こよなく愛してカセットに上手く編集してみんなに聴かせていたのもこの頃だったな。
シングル「Replay」も最高。うん、一生ついていこう。
サークルの会報誌の自己紹介欄、尊敬する人物に「落合氏」と「木村和氏」と「桜井和寿君」と書いたっけな。
そして満を持して「versus」初回限定盤購入。
「LOVE」と「my life」はいやいや、すごいな。
本ブログでも何回か語った記憶が。でも見つけられないのでまたいつの日かゆっくりと。
あのジャケットや歌詞カードで桜井君が着ていた赤いドリズラー、買っちまいました。

そして運命の「CROSS ROAD」。

「J.O.のいいって言ってたMr.children、俺も聴いてみたんだよ。格好いいよなー、あのドラマの曲。」

サークルの先輩、うめ氏からの言葉。
実はクロスロードはなんか歌詞が怪しくて好きではありませんでした。
それがスターダムにのし上がるという矛盾。
元々の万人受けするものが嫌いなやっかいな性格も相まってミスチル熱が一気に冷め、自分の気持ちとは正反対に桜井君は一気に全国区。

以降発売日にアルバムを買うことはありませんでした。

とは言え、やっぱりステキなステキな桜井君。
KANちゃんつながりで復活。
一応全曲聴いています。大好きな曲も沢山あります。
そういう意味では自分にとっても、貴重な貴重なアーティストです。
金曜の朝、急に聴きたくなってUSBにある膨大なデータから探し出したのは「ファスナー」。
理由は分からないけどかなり惹かれる歌。
クロスロードに嫌悪したときからもう20年近く。
そりゃあ大人になるわけだな。
大人というか、おっさんというか。

今回アリーナツアーを行った彼ら。
実は自分もライブには2回参戦しています。
はまった直後の多分青年文化センターに一人で。
ブレイクした直後の仙台サンプラに友達と。
サンプラの方は全くチケット取れずにやっとこさ立ち見席をゲットして、そのギャップに驚いたものでした。
中身は実際あんまり覚えていません。
覚えているのはサンプラの「抱きしめたい」の時に、左斜め前方でミスチルっぽくないお姉さん(すみません)が、雰囲気無視な不思議な踊りで腰振りまくっていたこと。
それがおかしくておかしくて、以降抱きしめたいはなんとなく変な立ち位置の曲になっちゃった。
志穂ちゃんは覚えているかな。笑


「versus」を引っ張り出してみた。
随分黄色く変色したもんだ。
ジャケットの中の桜井君は、今とは印象違うかな。ニヒルなお兄さんって感じ。

20年経って、桜井君は今全盛のキラキラしたお兄さん。
自分はそのまま20コ年を取りましたーって感じ。
はーーーあ。笑

明日はこの「versus」を聴きながら、桜井君が熱唱したアリーナを横目にしながら、通勤したいと思います。
近い将来、桜井君の生声を聴いてみたいなあ。
versus
jo_doko at 01:23│Comments(0)TrackBack(0)音楽 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS