2017年03月19日

「Concerto col Quartetto da Muroia」。

いろいろな意味でまた記憶に残る平成28年度も先が見えてきました。
併せてKAN師匠の芸能生活29周年記念特別感謝活動年もそろそろおしまいです。
感謝活動年イベントの一環,ストリングスツアー「Concerto col Quartetto da Muroia」に行って参りましたので,レヴューです。

まずは先行して発売した「la RINASCENTE」。
ライブが近いので特にどうしてもフライングゲットしたい私ですが,年度末で暇ではありません。
よって楽天スーパーセールにネット注文!と思いましたが,まさかの予約不可。(もしくは発売日以降出荷。)
焦ってご近所CDショップに注文しようかと思うと,これは恒例「入荷なし,発売後取り寄せ」笑。
街に行くわけにも行かないので,電話で何店舗か問い合わせをして,1枚入荷の蔦屋書店でお買い上げ。

弦楽4重奏によるセルフカヴァーアルバムですから,曲自体に目新しさはありません。
でも,なんせ選曲がいい。さすがです。
特に「CLOSE TO ME」「いつもまじめに君のこと」「キリギリス」あたりはツボ曲。
でもこのアルバムは,カーステレオよりヘッドフォン,イヤフォンがオススメです。
こまいところが聴き取れます。
この前買ったハイレゾ対応イヤフォン(←次のブログネタ)で3日間聴きまくって,いよいよライブ。

さて,このライブは,この前の師匠弾き語りのリベンジでもあります。
このブログをお読みいただいている皆様はご存知の通り,弾き語りはKANちゃんライブ初の中座。
その反省を踏まえ,息子も連れて行こうと提案してみたものの,「んー,また次にするかな」。
仙台市民会会館の嫌な記憶を払拭すべく,確実にうん〇をさせてから預けてきました。

いきなり感想です。
3列目でKANちゃんとっても近かったんですけど,これだけKANちゃん目にいかないライブは初めてです。
教え子たちには音楽の時間にそれっぽいウンチク語りますけど,全くといっていいほど楽器に興味のない私。
その私が終始見とれていたのは,弦楽器と奏者の4人と,そして奏でられる音楽。
演奏のときだけライトアップされるので,ライト落ちるとKANちゃん,みたいな始末でした。

思い出したのは,せっちゃんのストリングスコンサート。
あれはきっと2001年冬。ブログ探そうと思ったけど,今はおいといて。
あのときも第一ヴァイオリン,第二ヴァイオリン,ヴィオラ,チェロ。違うのはせっちゃんギター。
そしてとっても感動し,途中で眠気に襲われるというびっくりも同じ。
なんだっけ。1/fのゆらぎだっけ。それだなそうにちがいない。
そしてゲストは佐藤竹善さん。
生の掛け合いを聞くのは初めてでしたが,これまた面白く,3時間弱の楽しい時間となりました。

帰りに,ツアーグッズの手書き総譜を買おうと思ったら,売り切れ。
KANちゃんが言うように,スコア見ながらCD聴きたかったのに。
これからツアーに参戦する方,余裕があればお願いしまーす。

こちらはCDジャケットと特製チケット(レアver.)。
IMG_1489821955363


さて,仙台在住の皆様,我が母校の雄(ゆう),石垣のりこさんのラジオ番組に今からKANちゃん出演しますよ。
本日20:00よりDate fmで。
http://www.datefm.jp/sys_data/articles/605000000925.html
jo_doko at 17:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS