2004年10月03日

落合師匠のハナシ。

落合博満師匠。
イチローをもはるかに越える,史上最高の選手だと思ってます。
野球の素晴らしさを教えてくれたのも彼。

そんな彼が監督として,中日を優勝に導いてくれました。
はじめは監督としての力に疑心暗鬼。
払拭してくれたのは開幕直後でした。
平井やバルデスがノックアウトしそうなときにマウンドへ向かう落合。
何を話しているのかは分からないけど「まだいけるか?」「いけます」「じゃあまかせる」みたいなやりとりかと。
そしてその後見事に抑えて勝利する選手達に,そして監督に,信頼関係の原点を見た気がしました。
選手としてみればこれは嬉しいことだと思う。
優勝決定の前日,同様に岡本が続投してHR打たれたけれど,次は岡本絶対死ぬ気でやると思う。
これが落合監督ならではの監督スキル。

同時期に奇しくもベガルタ仙台は昇格ほぼ絶望的。
昨年10月の日記今年1月の日記と比較すると何かおもしろいなあ。

川崎憲次郎も監督のおかげでいい終わらせ方ができたね。
3三振。力出しきったという感じで素敵でした。
jo_doko at 22:33│Comments(2)TrackBack(0)野球 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 一馬   2004年10月06日 10:20
私も落合さんのファンです。
彼が現役時代「ホームラン打たないんだったら、4割打てる」と
豪語したのは、本当にそれができるからだと思っています。

彼の全盛期をちゃんと知っていないのが、
私の心残りです。
やっぱり巨人・日ハム時代は、辛そうだったから。

落合は最強のスラッガーですよ。
2. Posted by J.O.   2004年10月09日 11:23
おお!同士とは珍しい。
彼の全盛期は小学生の時でしたけど。
アンチ落合が多いのはきっと信子夫人と息子福嗣くんのおかげかと。
20年前,当時では考えられないような理論でバッティングをしていた彼。
誰からも認められなくても努力で結果につなげた彼。
そこが自分の尊敬して已まないところでしたが。
背筋も凍るようなバッティングが見られなくなった今。
監督業で彼の凄さを改めて感じられて嬉しい限りです。
日本シリーズも頑張れ!
ということで一馬君また今度☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS