徒然

2012年03月29日

SNSとの付き合い方。

すっかり三つ巴な個人内SNS事情。
facebook、mixi、Twitter。
あれ?そもそもの定義が分からないけど。
TwitterはSNS?ブログは…ブログ?

中には複数のSNSを上手に使い分けている友人もいます。
特徴が異なるのもわかってます。ちょこっとは。
でも自分は結局三つ巴。
それぞれの友達、友人、フォロワーが違うだけ。

会議で激論するとか、懐かしい友人と再会するとか、そんなリアルでディープな人とのつながりがあると、SNSらの扱いをどうしたらいいのか分からなくなるときが、ないわけではないです。わかりにくいね、笑。
人と会ったりメールや電話をしたりするのは、時間や空間でかなり限られてくるのが至極当然。
その延長上にSNSがあると、限られた時間や空間を上手に使えるんじゃないかなって、思うわけです。

自分はfacebookの友達に、叔父と従兄弟2人がいます。
叔父は近くに住んでいるので月1は顔を合わせるし、従兄弟たちは東京だけど年数回は会う機会があり。
必要があれば電話やメールをし。
普通の、普通以上の親戚の付き合いだと思います。
でもfacebook上からは、特別なことをしなくても更なる情報が入ってきます。
それがいいのか悪いのかは置いておいて、これはSNSじゃないとできないこと。
まあ各人がブログを書いていて公にし、RSSでチェックでもしない限り。

うん、やっぱりSNSは人間のキャパを超えたコミュニケーションツール。
いや、これは本来なくてもいいものだよな。SNS分、何か損をしているのだよ。
たまにこういう葛藤してみたり。
もうブログも含めてなんだか分からない状況ではありますが、きっと続けていくんだろうな、細々と。

mixiはもう6、7年は続いているから、本名分からなくとも素性の分かる人多し。
facebookはリアルな人とのつながりがメインで順調だったんだけど、自分のミーハーなところが乗じて多くのミュージシャンと友達になり、情報過多。
Twitterはアーティスト活動の一環及びステータスだと思ってやっていますが、フォローフォロワー共に少なく、返信するのはやっくん他数名。
ともあれ。みんなとつながっていられることに感謝です。


さあ春です。
出会いの季節です。
あなたもソーシャルネットワーキングでつながってみませんか?

2012年02月27日

パルコって都会的な響きよね。

本当に徒然な日記です。
未更新1週間なので焦って書きます。

自分の認識ではパルコって仙台じゃないんだよね。
仙台と言えばダックシティか十字屋ださね。アムスとか。(現存除く)
パルコはなんか都会にあるもの。そんなイメージ。ああ、丸井も都会。笑。

そんなワタクシ、パルコに行って参りました。
スーツ買いました。自分とは真逆の雰囲気のお店で、一目惚れ購入。
改めて着てみたら、これはもうキュウキュウです。
着こなすためにキープします。いや、ウエイトダウンしたいです。

久しぶりにフラネに。
泉の時から、あの空間は変わらなくて好きです。
テレビ台が欲しい。

上のタワレコにも。
タワレコも都会的な響きだわ。
Andropの新しいシングルのタイトル付けた人物と自分はちょっとしたお知り合いです。
で、KAN師匠のアルバムが沢山置いてあって感動。さすが。
フリーペーパーの畠山美由紀さんの裏表紙に心惹かれ。

どうしても食べてみたかったクランベリーチョコレートチーズケーキは、探すお店を間違えたのか見つからず。

ああ、だらだらな日記ですみません。
明日は人間ドック入ってきます。行ってきます。

2012年02月14日

ハッピーヴァレンタインのおもひでぼろぼろ。

「バレンタインにチョコもってきてもいいですか?」
「なぜそういうことを聞いちゃうのかな…。
 よし、聞かなかったことにしよう。
 もう何も聞くな。はい、あっち行って。」
こんなやりとりが毎年恒例です。

自分はヴァレンタインに無縁な男。
いい人でさわやかな男がチョコをもらえるとは限りません。むしろもらえません。
でも毎年ドキドキしていました。ドキドキが好きでした。
妙に気になる机の中や下駄箱。漫画の読み過ぎ?
ドキドキしているのにもらえないっていうあの、何だろう、ぽっかりとした気持ちというか、敗北感は、やっぱり人間として必要なこと。
故にチョコ禁止で貴重な人生経験を無下にしてはいけない。

昨今のガチガチな職場は,もちろん勉強に関係ない物禁止。
近年は自分が声高に言わなければいけないポジションでもあります。
だから明言はできません。自分にはやっぱり、冒頭のやりとりしかできません。
真意はひとつ。
「どうぞ見えないようにうまく実行してくださいな。」
そのくらいのスキルは身につけてもらわないと。
そして担任にくらい、いつもお世話になっていますとさりげなく渡してやるくらいじゃないと。
うむ。

さあ、今年のヴァレンタイン。
今年はお子たちとのそういうやりとりもなく、すっかり呆けていた自分。
朝、出勤して先輩から一言。
「うちは他と違うからね。指導しないでね。」
間髪入れず女の子全員が登場。何のためらいもなく堂々とチョコを手にして、配り始める。
さすがおらほの学校。全員に友チョコを渡すのが習わしらしく。
どうもすみませんねー。
こういう気持ちが、大きくなったときに生きてくるんですね。
そこで心配なのは男子。
やっぱりあのドキドキ感や挫折感は、味わっとかないけんばい。
中学に入ったら現実をとくと味わうがよかとばい。

最近は友チョコが主流らしいけどね。



なんかタイトルが、「嘘、大げさ、紛らわしい」になっちまっていますね。
いやね、帰りに見かけた利△高や富▽高のカップル。
遠い昔を思い出しちまったわけですよ。

男子校だった僕は、正門前でチョコ渡そうと、出待ちしている女の子達を横目で見ながら帰宅したもんです。
そんなんでも、どこかで声をかけられるんじゃないかとわざとゆっくり走ったくらいにして。
結局杞憂に過ぎず、スムーズに帰宅。
そんなときに限ってチョコが欲しいが買うわけにもいかず。
オカーサマからのチョコはかえって淋しさを増大させ。
もしかしたら家までもってきてくれる人がいるかもしれない。
あと5時間。2時間。30分。5分。
はい、15日。
そんな高校時代。あまりに昔なので、イメージですけど。


本日の話に戻ります。
そんなこんなで自分にしてはけっこうな収穫。
DSC_0434今日はヨメからのhacchi謹製バナーヌショコラをいただきました。
お子たち&お世話になっている方々からのは、スミマセン、ゆっくりいただきます。
丁度2週間後にドックを控え、今甘いものを我慢している身ですから。
大丈夫です、必ず全部いただきます。大切なことです。
勿論まだまだ受け付けておりますので、渡し忘れた方もダイジョブです。
この精神は、当時から変わっていないな…。


追伸
6年生の女子に「ホワイトデーにも本命クッキーとかあるんですか??」とか聞かれました。
かなり困りました。
あるんですか??

2012年02月08日

サークルノートにつらつらと。

ヨメと昔の話をすると、たまーに出てくるサークルノート。
サークル室にあった、何でも帳のことです。
何回かブログにも登場しています。
そんな話ですので、スルーしていただいてもオッケーです。

それでですね。
ヨメのとこのサークルノートにいつも槇原敬之の歌詞を綴っている熱い先輩がいて、ちょっと引いたこともあるってよく出てきます。
いやいや、自分もサークルノートに歌詞綴りまくっていたよねえ、はぷお君。
いやいやいや、恥ずかしい。昔の話です。

でも自分はこのブログの他にも綴り帳があって、いわば今のサークルノートよね。
昔はよくつらつら綴っていたわけです。
何ででしょう。

ただ良い歌だから共感してほしいってのじゃなくて、きっと自分の今の気持ちを分かって欲しい!みたいなニュアンスがあるのでしょう。自分も。ヨメの先輩も。
自分にとって、いい曲か好きな曲かの決め手は、感情移入度に尽きます。
そこにメロディー、声質や、歌い手のキャラクターも勿論関わってはくるけれども。
シンクロする曲が多ければ、自分の好きなアーティスト。
はい。

昨日、ここ数日か、いろいろありました。
いのちのこと、仕事のこと、これまでの人生、最近のことまでいろいろ考えさせられる出来事がありました。
で、なんか綴りたくなったわけです。
ぴったりシンクロかどうかは分かりませんが、感傷的な自分にはぴったりな曲です。

↓下をクリック
続きを読む

2012年01月31日

ぼくのことほめてほしい。

今日で1月も終わりですね!
凄い頑張りましたよ!更新!
おそらくここ数年にはない更新頻度!
アセクサ数も着実に伸びてきています。
皆様、ありがとうございます。

ここ数回のブログのタイトルが、なんだかKANちゃん関係で意味不明だとか、アセクサみたいにこれ間違っているんじゃないみたいな表記が多かったりとか、そんな妙なブログですが、もしよろしければこれからも細々とお付き合いくださいまし。
ちなみに今日のタイトルも、KANちゃんの超ヒット曲「発明王」の歌詞の一部です。

ちなみに筋肉痛、結構回復しました。
ちょっと腰に痛みが残るくらい。
このまま回復すれば「まだ若ーい!」って気になりますが、実はホントに痛くなるのが明日だったら立ち直れません。


2012年01月30日

あのね、うんとね、僕が言いたいのは。

スキー場からの生還報告です。
DSC_0406こんなところでスキーしてきました。
前日に相当な雪が降ったので、新雪です。
地元のスキー場なので、貸切です。

スキーを履いたはいいけど思うように動けず。
ロープトウをがんばって上ったはいいんですけど、これからどうすれば??
写真はロープトウ降りた付近の写真です。
ここから3度、無理やり滑ってみました。
転びませんとも。意地です。
で、ボーゲン教えていただきました。
ああ、ロープトウのずっと高いところまでゲレンデあるんですが、そこまではスノーモービルで運んでもらうんですよ!
超快適!こっちやりたい!
始まって2時間半後。なんとなく慣れてきたぞ!
そんなところで時間終了。
そしてまさかの麓で派手な初転倒。

足はがくがく、腕もがくがく。
帰宅後は何もする気が起きず、一日過ぎた今は腰が。
購入したものが素敵な遊び道具になるまでには、まだまだ時間がかかりそうです。
遊び道具になるまで傷だらけになりそう。

次回は金曜、スプリングバレー。まずは痛いの飛んでってほしいです。
がんばります。

そうそう、吹雪とツイートしましたが、到着してみれば快適な天候でしたよ。

2012年01月28日

あのね、うんとね、スキーが苦手なんだよ。

というよりか、スキ−やったことないです。
間違い。小学校のスキー教室以降、やってないです。
そう、あれは13年前。ちょっとだけボードしました。
そうそう、10年くらい前に、ノルディックスキーで斜面を滑って転けまくった経験もあります。
でも、ホントにスキーは11歳の時が最後。

さて、昔と違って行事縮小が続いている一般的な裏職現場において、現勤務地はどこ吹く風。
毎週日曜日と平日1日、スキー教室があります。

スキー教室ですが、彼らは幼少の砌からスキーに乗っているわけです。つまりは経験者。
その中で自分が一人、明日のスキーに心躍らせているわけです。
間違い。体震わせているわけです。
ケガするんじゃないかい?って。

年4回のスキー教室のうち、3回は貸しスキーのない場所。
まわりから何とか調達しようと思いましたが、断念。
仕事帰りに郊外スポーツ店へ。(近くの店はスキー自体なし)
スキー売り場に行くも、あれ?どこか風変わりなスキーしか置いていない…。
J「あの、普通のスキーって置いていますか?」
店「普通と言いますと?」
J「えっと、先が細くてもっと長くて…」
店「今はこういったカービングスキーになっているんですよ」

ほう!そうなんだね!恥ずかしいね!
その後、店員さんから教えていただいたおそらくそのカービングスキーになった経緯や、カービングスキーの特徴やらは、今はひとつも思い出せません。
ウェアは遠くで何かあっても目立つよう、上が赤です。
だから赤っぽい板にしたかったのに、話の流れで青っぽいのになりました。
まあ、ゴーグル青っぽいからな。
というか、ホントにそんなに簡単に決めてよかったものか。
久しぶりに熟考しないで決めてしまいました。

ともあれ、自分も板持ち、靴持ちになったわけです。
その気になるでしょう。
形から入る派の自分としてはベストな選択です。

さあ、明日。
ケガしないで帰還した暁には、ここで詳細を報告させていただきますばい。

2012年01月19日

みんな、ブロぐろうぜ。

本ブログを読み返してみました。
ホント久しぶりに。
それも結構大量に。

リアルな日記など書くはずもなく、毎年一応買う手帳だっててんでバラバラ、もしくは処分済。
自分の年もたまに忘れかける自分、記憶なんて曖昧でも生きていけています。
そんな10年分が詰まったブログって、貴重ですよね。
そうそう、昨年サービス終了したさるさる日記からエクスポートしています。
だから10年分。

本当は人に公開できるものではありません。
10年経っても書くこと同じ。文体も同じ。
でもこれがスターの宿命。
スターにプライベートはない。うむ。
最近のスターたるもの、TwitterもFacebookも勿論ですが。
自分は、自分だけで、むつむつと語った方がいい。
そしていつでも、そう今日みたいに、読み返すことができる方がいい。
ねえねえ、ブログって、よくない??

10年後を考えるとちょっと微妙よね。アラフィフって。
でもきっと、10年前の僕も、10年後は微妙に思っていたに違いない。
現実は10年前と同じことを書き連ねている自分。
今、これを読んでくださっている紳士淑女の皆様。
またブログが滞ったりして、或いは自分の拙さに耐えきれなくなったとして。
将来ふと思い出したときに、さわやか日記かさわやかトリオで検索してみてくださいね。
あー、まだ続いていたんだ!
そんな自己満足のブログを目指します。
livedoorだっていうのもポイントだしね。

で、で、共にブログりましょうよ?

…皆々様はそんな暇じゃないってね。

2012年01月15日

チビッコ丸。

先日、2年前の写真を見ていたら、その日の服と同じってことに気付きました。
服を買いに行かなくては。そう思い立ったものの、近所には何もなく。
どこに行こうか考えたあげく、名取エアリに。

駐車場も止められないほど人いっぱい。
数年ぶりの紅虎餃子房でお腹いっぱい。
バーゲン買い物5割引で心もいっぱい。

人に酔って帰宅です。
もう町民なのですから、仕方のないことです。

そういえば震災後初めての名取海側エリア。
もう10か月も行っていないのだから、何らかの精神的影響が働いていたのは確かです。

帰りに通った我が思い出の地。
閖上小学校。
自分がよく思い出として語る大学時代のすぐ後、一番はじめに数か月赴任した学校です。
確か語ったことはないかも。いろいろな意味で、実は思い出に残っています。

120115_150329帰り道、ちょっとだけ回って閖小の校庭へ。
思い出のチビッコ丸。
自分が初めて教壇に立った(って感じじゃなかっただろうけど)教室。
周りの変わり果てた風景。
涙が出ました。

明日からまた、新しい週が始まります。
考えたこと、多くの意味でここには書けませんが、きちんと心に秘めて過ごしていく所存であります。

2012年01月11日

たつのこのり太郎を食しながら思ふ。

千葉海苔店、ご存じですか?
志津川の、日本一の海苔屋さんです。
自分は叔母さんが志津川の出身。
いつもいただくおみやげは、千葉海苔店の海苔。
PUFF君、仕事の先輩、その他大勢。自分のまわりには、千葉海苔ファンがたくさんいました。
一度海水浴へ行った帰りに、本店で大量に仕入れてきたこともあります。

あの海苔はもう食べられないかもしれない。

あの日、情報が錯綜する講堂で眠れない夜を過ごしながら、思い巡らせた中のひとつです。


4月に赴任した職場にも、近い関係者情報があって(確かお子さんが同業?)無事を確認。
夏にはプレハブで営業を再開していたようです!
11月に叔母さんから板海苔を、年明けには息子の友達ママからたつのこのり太郎をいただきました。

120111_221407再開までの道は、大きな力が必要だったことでしょう。
お店の方の強い想い。それまで培ってきた信頼。まわりのバックアップ。
10か月経った今日。
そのいろいろなものが込められている海苔を、日本一の海苔を、味わいました。

いつも自分の無力さは、痛感しています。
でも、今自分のできることを、前を向いて、胸張って。
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS