蹴球

2005年11月08日

東北ダービー。<連休その5>

41dde698.JPG1試合も負けられない仙台。
それは山形も同じではありますが,精神的に上回った結果の勝利。
あとはサポーターの数でも上回ったね。(質は劣りますが)

いや良かったです。
帰りの渋滞12キロがなければなお良かったっす。

フルに出て歩いた4日間の疲れがなかなか取れないのはきっと年のせいです。

2005年10月29日

○ヶ月ぶりの仙スタ。

ef5a9ecd.JPGしばらくぶりの仙スタ。
いつ以来かもよく覚えていないや。
到着すると藤川コーチがさすがの格好で出迎えてくれました。(写真)
試合は同点引き分け。
5回もゴールネットを揺らしたのに,審判のおかげで2点になりました。
まあ,追いついた後にすぐ入れられるところはやっぱり脆いけど。
でも選手はがんばりました。強くなりました。
強くなったという証明を,次節山形戦でしてほしいです。
ということで来週も参戦決定です。
4ヶ月前の雪辱を果たします。
松寿庵と完勝です。
とりあえず明日お仕事がんばります。

2005年09月18日

我が町に日本代表がやってきた日。

c3e733ab.JPGずいぶん前の話ですが。9月7日ですから。
書かないのも勿体ないくらいのイベントだったので…。

自分が今住んでいる町は,でかいサッカー場があります。
ワールドカップ日本敗戦で有名なスタジアムです。

それ以来国際試合はおろか,地元J2チームも使わない有様。(数年間で2試合かな)
昨年の今頃ここでJ2の試合を見たときの感想。
「ワールドカップ開催という面影を全く匂わせないお粗末なスタジアム」

この某宮城スタジアムに,3年ぶりの日本代表が。
ただ問題は平日夜。
いくら地元とはいえ,19:20まで家に帰るというのは至難の業。
躊躇していたんですが,我が友はぷおくんの計らいもあり。
行って来ました初代表戦。

続きを読む

2005年06月25日

みちのくダービー。

050625_1901001.jpg先週勢いで決まったダービー参戦。
今の調子なら勝てるでしょうと意気揚々。
お昼過ぎに利府出発。
道路交通情報センターのお告げ通りのろのろの48号線をなんとか抜け。
一行は「最上三十三観音 第一番札所 若松観音」近くの蕎麦屋へ。
ここはぱふおのお父上がオススメの秘蕎麦屋。
しかし午後2時で店仕舞い。
そうそう,若松観音。
昨年の夏ダービーの際に夫婦で行ってはみたものの,観音様がわからずじまいだったために再度参拝。
そこで社員旅行らしき団体と出くわし,何やら強引に事を運ぶおばちゃんたちの後について,重要文化財なんかを有り難く拝見いたしました。
蕎麦は諦めきれずに水車生そばへ。十割でした。まさに蕎麦でした。
そうこうしているうちに試合開始の時刻も近づいていざ競技場。
日頃の行いがよろしい僕らは駐車場好位置を偶然にも獲得し,まるでベガルタホームのように黄色一色の群衆と共に観客席へ。
今回はゴール裏にコアサポーターが陣取り,やはりホームばりの歌声と野次。やりすぎだけど。
僕らはバック中央の観戦にはベストポジションな席。
いつものように立って声援というのは席の性質上難しかったけれど,歌い,叫び,個人的に野次り,まるで自分のチームのように采配を考え,そして負けに等しい引き分けの現場に立ち会いました。
都並君のおかげだと思っとります。

日曜も仕事なのに道中ずっと運転し続けて利府まで送ってくれたぱふお君。
本当おつかれさま。ありがとう。
次回ダービーには「松寿庵」で蕎麦食ってモンテディオにも完勝しましょう。

2005年06月18日

久しぶりの仙スタ。

050618_1929001.jpgここ1ヶ月半,ベガルタ観戦は我慢していました。
今季より参入のイーグルス,そして今季から始まったセパ交流戦のせいで,娯楽費嵩む嵩む。
本当はもっともっと我慢しているはずだったんですが。
目下連勝中のベガルタ。
あの強さをやっぱり生で体感したいワタクシ。
で,本日,行って参りました。

今季初ナイター。
霧雨のおかげでカクテル光線に照らせれたピッチ上は幻想的。
まあ当然湿気も多く,気温がさほど高くなかったのが幸いしていたにもかかわらず,多少の不快感はあり。
なんか席の周りの感じもイマイチで,パフオもいないことで,応援のモチベーションも上がらず,ひたすら目でボールを追っかけ,ああでもないこうでもないと小言を洩らす嫌なサポーターでした。
だって,なんか居心地悪かったんですもの。
選手も同じだったのか,何となく精彩を欠いているうちに前半終了。

後半25分頃にパフオ到着。先輩のライブ終了後に駆けつけました。
同時にシルビーニョ投入。
でリズムも良くなってきて。
後半41分。大柴→バロンの決勝弾。
今季最高?の17000を集めた仙スタ。
最後の最後に大盛り上がりでちゃっかり来週の山形参戦を決めちゃいました。

何やら堀江社長も参戦していたようですね。
名川さんもなんか受け入れ姿勢のようで。
これからが楽しみです。ヴィッセル倒せ!

2005年04月30日

黄金週間。

050430_1548001.jpgやってきました、ゴールデンな日々。
ゴールデンといえばイヌワシでしょう。
今日も金色に輝くウェアを身にまとい,やってきました仙台スタジアム。
前節は久しぶりに勝利したベガルタですが,アウェイでしかも草津相手。
今日は目下3位の旧名門ベルマーレ戦。
勝ちは(いつも)信じていますが,やはりどこか心許なく。

そして試合開始。
いつものもたもた感がなく。
押しまくるイレブン。
で終わってみれば,余裕の3−0完勝。
これがあるからやめられないんだよなあ。スタジアム観戦。

4日もホーム戦あり。
黄金週間,調子よく行きましょう。

終了後はかねてから予定していたとう(土偏に登)屋へ。
ここの宣伝はまた次回にしましょう。
あー。とにかくきもちいい勝ちでした。
楽天もがんばれ!

2005年04月17日

モチベーション低下。

050417_1554001.jpg今日は今シーズン2度目の仙スタ。
相性は抜群だと思っている鳥栖戦。
諸事情により,初めて開場前に到着。
座ったのはサポーター自由席コーナー部4列目。
向こうサイドは距離感掴みづらいし陽差しも暑いけど。
後半のゴールがたくさん見られることを願い,決定。

で,モチベーション激低下。

僕らがどうして貴重な休みにお金を払って会場まで足を運び,声をからして応援するのか。
それは日々のストレスを吹き飛ばす為。
他の趣味と違って,他人に依存しているので,行動したからストレスが発散できるとは限らないところが欠点か。観戦ものは。

帰宅後,楽天敗戦の知らせも入ってきた。
仙台は落ちているなあ。
唯一の救いは我らが中日。
昨日は惜しかったけど,今日は逆転勝ち。
新人石井君が勝利投手。
彼は生まれながらにして耳が聞こえない。
天性のものはあったにせよ,いろいろこれまで大変だったのでは。

6月に投げないかな。フルスタで。
フルスタ応援用に中日ビジター用ユニ(廉価版)購入申込。
勿論ネームは「J.O.」で。
サッカーネタが中日ネタになりましたが。

みんながんばれ。
自分もがんばれ。

2005年03月05日

散々。

050305_1213001.jpg朝から物落として粗相。
嫁に小目玉。
でも心は14時からのピッチ。
仙台スタジアムはいつもの芝でした。(写真)
今日はいつもよりも皆さん出足が早く,2時間前なのに席見つけも必死。
試合前は予想外にぽかぽか陽気。
ところがどっこい。
寒い。
寒すぎる。
気温。そして試合展開。
頼むよみんな。
結果0−3。
??????????
はあ?
藤井市長→徳島ヴォルテスの「手は抜きませんよ」発言が今となっては恥ずかしく。
なんか妙に苛々したり気恥ずかしかったり。
この文章のようにごたごたな気持ちでいっぱいです。

負けるなんて想像もしてなかったさ。
練習試合や調整試合は,タダのお遊びだと考えていたさ。
そのままでした。それ以下でした,か。

終わったことをぐたぐたぼやいていても(しかも自分が)仕方ない。
昨季のようにひきずることなく,来週はビシッと決めて下さい。

2005年03月02日

あと3日。

050302_2153001.jpg待ちに待った開幕戦。
まであと3日。
日々遅くまで(でもないけど)仕事していますが,先に楽しみがあるので大丈夫です。
直樹はスタメン行けるかな?
シルヴィ−ニョ怪我で大きくチャンス。

この前,ベガカレンダー購入してしまいました。
両方とも学校で飾ります。



2005年02月27日

開幕チケット。

050227_1016001.jpgゲットしました!
本日ベガルタ開幕戦チケット発売日。
もう次の土曜日の試合ですが。
開始は10:00。チケット販売ね。
今回は携帯所持のコンビニ店頭買いにチャレンジ。(楽天はこれがよかったらしい)
家から徒歩1分のセヴンがあるのでそこで。
2分前到着。誰もいない。
10:01,発券終了。J1のころでは考えられん。

相手はヴォルテス。
今のベガルタにとって不足なしの相手でしょう。(笑)

昨日は楽天勝利
関川や飯田,まるでマスターズリーグのようねとうちの嫁。失礼。
でも夢のようです。
ベガルタ・楽天。両立応援頑張ります。
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS