旅行

2009年08月05日

北海道はデッカイどー。

de2a54b2.jpgベタなタイトルはセンスを疑われそうですが、来ています。
今日はスケールのでかすぎる国営公園で遊んできました。
暑いね。
明日帰ります。またゆっくり報告します。

2009年05月30日

旅のおみやげ。

58c55be6.jpg今回は会津市内非常に空いていた旅でした。
下見以上にたくさんの人と話ができました。

創業昭和5年,ソースカツ丼元祖の店,若松食堂のご主人。
昭和36年年賀切ってのモチーフになった赤ベコを変わらず製造している笑美の店長さん。
飯盛山で踊りを見せてくれる飯盛分店のおねえさん。

なんか得した気分です。
そこの赤ベコ,模様に意味があって,赤ちゃんがたくましく育つよう願いが込められているとか。
写真は息子に買ってきたベコです。


斎藤一のお墓参りはまた次の機会に。

2009年05月27日

いざ会津。

b08ca66a.jpgインフルの影響が心配されましたが、無事出発しました。
写真は去年の教え子からいただいた巨大てるてる坊主+会津磐梯山。
暑さが心配、ソースカツ丼が楽しみ。
行って参ります!

2009年02月22日

朝日橋に影落ちた。

de647a7d.jpg大東京から帰還しました。
池袋に宿泊するも,池袋は単なる宿泊先。
Laundryの入っているパルコには目もくれず,常にあっちこっちと移動していた2日間でした。

まずは公開研究会。とても良い刺激になりました。
普段当たり前にやろうとしていることを理論づけようとすると,難しいものです。
敢えてそこに踏み込む独自性溢れた研究でした。
僕等の職業(僕にとっては裏だけども)にはいくつもの大切なことがあって,でも時間は限られていて。
そこは悩みながら選んでいくんだろうな。
これからもずうっと。

そして今回は懐かしい人との再会がありました。
時間は短くて残念だったけど,時を経てまた会うことのできる縁を感じました。
しばらく振りに会うとその分を埋め合わせようとするのかどうか分からないけど,話が多方向に飛ぶのは僕だけかしら。
皆様の益々のご活躍とまたいつかの再会を楽しみにしています。

山手線や中央線,メトロ丸の内線と日比谷線を駆使して歩き回れたのも僕にとっては進歩ですよ。
地方の人に思われたくない一心で(笑)闊歩することを念頭に置き,高い確率で目的とは反対の出口に出ちゃったけどね。
中目黒の朝日橋。コメントくれた睦月さん,ありがとうございました。
お陰様で無事たどり着きました。
ステキShopやステキCafeが乱立している昔ながらの町。
真ん中の目黒川の流れのように,ゆっくり穏やかに,界隈を歩いてきました。


朝日橋の上から隣の橋に向かって写真を撮りました。
桜が咲いたらきれいなんだろうな。
でも,閑散とした景色のほうが,僕の中ではしっくり来るんだろうな。
朝日橋も,またいつか。

2007年07月31日

盛岡で「どんど晴れ」を見る。

062075d9.JPG2人でゆっくり旅行もできなくなりそうなので,行ってきました。
盛岡です。
昨年から3回目。
観光名所には行かず,風情ある人と物を楽しむ,そんな旅です。毎回。

今回一番感動したのは,肩痛で薬局にバンテリンを買いに行ったとき,箱シップをおもむろに開けてばら売りしてくださったおばあさん!
いやその強引な手口は盛岡人ではないと見た!!笑。
さらにはお店でご丁寧に貼ってくださいました。ボク,脱ぎました。
お陰様で,明日は100球なら投げられそうです。
ありがとうございました☆おばあさん☆

詳しくはもうじきアップされるであろう嫁ブログ「さわやかまなこ。」をご覧くださいまし。

盛岡で見るどんど晴れは,なんか不思議な感じでした。

冷麺,おもち,おだんご,すあま,ふかしパン,福田パン,蜂蜜ソフト,地鶏鍋他温泉宿のお食事,珈琲5杯,小岩井・雫石の牛乳や飲むヨーグルト。
暴飲暴食でムカムカしています。

明日は健康診断。
バリウムはおいしくいただけるのであろうか??

2007年05月08日

GW回想:さわやかプチ旅行。

嫁の妹ちゃんが来仙したので,ブラッと角館へ。
それもはぷお君の高級車で。いつもありがとー。
sawayakaはぷお君が以前,夢で角館を訪れた場所を探したんだけど…。
ビビッと来るようなところはあまりなかったようで。
残念です。
角館,もう葉桜なのにもかかわらず,ものすごい人混み。
武家屋敷通りでも,ちょっと外れの人通りの少ないところでパチリ。
佐藤養助稲庭饂飩や生唐土も食しました。

桜街道の一本隣の道を歩いたら,ものすごい桜吹雪。
sakura花びらが顔に体にビシビシ当たるというのは気分良いものではありませんでしたが,写真を見ると何とも風流ですねえ。
花舞うなかのはぷお君も撮影しました。ステキな写真ですよ。
ご希望の場合はご一報下さい。

肉そば食って,最後はババヘラ。帰りの道路脇でようやく見つけました。
babaheraパラソルアイスとか,元祖ババヘラとか,紛い物たくさんの県内らしいですが,やっぱり本家はうまかった!
皆様もご賞味アレ。

鳴子で風呂に浸かって帰ってきた,濃ゆい1日。
しめて400繊?あらためて,ありがとうさんでした。

2006年10月09日

秋、七北田川にて。

a今日は早起きして,山に登ろうと決起。
嫁が花の都に上っているので,一人で何しようと悩んだ結果です。
目指すは懐かしの泉が岳。
山に登ってやる!ぱぱぱって登ってやるさ。
気合いを入れて麓に到着。
いざ向かおうとすると,結構いるんですよ。登山人。
で,皆重装備なわけですよ。
ボクって場違い??
下もぬかるんでいるしな。
そうだ,自然散策にしよう。ということで,少年自然の家の近くのスキー練習場から望んだ仙台の街です。

bで。沢遊びに一人で行きました。
そこで思いついたのが,七北田川巡り。
上流から下流まで。
ちょこっと山に入って,発見!上流。
2日前の雨風でぐちゃぐちゃだったので,ゆっくりはできませんでした。
そこで発見したのが!



cクマ!
そういえばさっきすれ違った方々はみんな鈴を装着していました。
まさかとは思いつつも急に不安になって,イメージトレーニング。
勝てるイメージも逃げ切るイメージもできずに不安は募り,脱出しようとするとそこに「うんこ」が。
これは,人間のもの?(それっぽい感じをイメージしてください)
でも,こんなところで野グソ?
もしかして…。

逃げ帰ってきました。10月なのに暑い暑い。

d下界に降りて今度は下流巡りです。
んー。別にこれと言って特筆すべきことはなく。
芋煮シーズンで人はワンサカ。
河川敷にありがちなサッカー場では少年の試合。
そのなかをしばらく歩いてきました。
勿論テーマ曲は,「秋、多摩川にて」です。

♪水辺低く飛ぶ鳥と目があってしまうほど
 10月の連休はゆっくりと穏やかで♪
http://www.enpitu.ne.jp/usr5/bin/day?id=50069&pg=20020403

eなんとなく落ちているこの頃。
ゆっくりぶらぶらには,それなりの意味があったものと思いたいっす。
ホント言えば山に登りたかった。
で,下界を見下ろしたかった。
次期マイブームになりそうな予感です。
でも現マイブームマラソンは2週間を切りました。

KANちゃんの「がんばれー」に励まされながら,がんばります。

2006年10月03日

東京の空の下。〜鎌倉(あれ東京じゃないじゃん)旅行編〜

0012日目。今日の東京は曇り空。
早起きしました。目的地は鎌倉です。

ゆりかもめでゆられて,新橋到着。
そこから横須賀線で鎌倉直行。

問題は落ちてきたおっきな雨粒。
キヨスクで傘購入。¥400。
100均発見。も一本購入で相殺。

いろいろ行きました。もう坂登ったり洞窟入ったり。
今回の一等は「cafe vivement dimanche」。
鎌倉のお洒落なカフェです。
嫁の元行きつけです。
オムライスが激ウマ。
でもってマスターカリスマ。
写真のMASTERって入ったTシャツを着ている方です。
om







master







dois近くの系列店「dois」にて,マスターとオソロのTシャツ購入。
ヴィーナスフォートのランドリーTシャツは実現しなかったので,その分。



24時間も滞在していない慌ただしい旅でしたが,中身は濃ゆうございました。
また近いうちにオムライスと,そしてカレーを食いに行きたいっす。

そうそう,新情報発見です。
やはり丁半コロコロ以外にaikoちゃんと桜井くんが居たそうです。
同じ空間を共有できたこと,さらに幸せに思います。

2006年10月01日

東京の空の下。〜座ってポン!編〜

04579eae.JPGぶらっとカバンひとつで行ってきました。
お台場です。師匠に会いにです。
座ってポン!東京公演1日目です。

「東京新橋ゆりかもめ」。
そればかりを呪文のように繰り返し,ちょっと珍しいものがあるとすぐにカメラに収めようとするかっぺでも無事たどり着きましたよ,ZEPP東京。
ZEPPは,まあ仙台とそれほど印象違わず。収容人数の違いくらいかな。

最近急に師匠にお会いできる機会が増えたので,それほど緊張なく。
グッズ,売っていたんですが…。Tシャツでしたが…。
座ってポン!って書いてあったしなあ…。で,不採用。
会場では有名人探し。
まずはaikoちゃんいないかな。もしかしたら桜井くんもいるかも。
でも一般人に紛れているはずはないと思い,開演間際をチェック。
開演と同時に係員に誘導されてきた女性はいったい誰だったんでしょ。

ponそんな感じでいよいよコンサートスタートです。
考えてみれば仙台外遠征は初めて。
しかも椅子のあるコンサートは,1999年以来久々。
オープニングで震えが来ました。
シルエット。カツラ。セオリー通りです。でも熱いものがこみ上げてきます。
フランスから帰国。弾き語りで活動再開。新曲発売。
そしてこれで,バンドコンサートで,完全復活なんです。
西嶋さんに中野先輩に矢代さん。やっぱりいいですわ。
唯一個人的に交流のある(?)清水さんが違う方に変わっていたのは残念ですが,新しい方も素晴らしいです。

詳しいことは,他の方のレポをどうぞ♪
細かくは書けません。
ただただ2時間半,生き生きとした彼の後ろ姿を見ながら一緒に歌っていました。
弾き語りだと歌えないっすよ,バンドはオッケー。これも,待ち望んでました。
尊敬する人と,尊敬する歌を,一緒に共有する時間ですよ!!?
嫁に何と言われようと,
左隣の彼,スミマセンでした…。

オッパイパイ!って叫んだり,ピアノの上でまわってまわってポーズを決めたり,足ガクガク踊りを相も変わらず披露したりする師匠。
Wアンコールでいつものようにピアノを弾き語る師匠。(でもものすごい衣装で)
自分は幸せ者だと感じました。

こんな楽しい時間を提供してくれる,こんなに自分を支えてくれるアーティストが存在したこと。
そしてその人に,うまいこと出逢うことができたこと。
大きなヒットが一曲しかなくとも,もう20年近くも共に年を重ねていられること。
幸運以外の何物でもありません。

終演後のAND SO IT GOES。胸一杯です。


daiba終わった後は,嫁の大親友(自分が大学時分に初めて出逢ったKANちゃんファン),ツタヤ(旧姓)ちゃんご夫妻とお食事。
お台場の人気スポット,ヴィーナスフォートにて。
KANちゃんと同じく,長くおつきあいできるご縁があるのは素敵なことです。
旦那さんも素敵です。(初めてちゃんとお話しました)
家ができたらこっちにおいでね。
と,個人的なことを。

そんなこんなの盛り沢山の1日でした。


2日目のことも書こうと思いましたが,また今度にしときます。
おやすみなさい。

あ,そうそう,アンコール拍手の合間に後ろを見て確認しましたが,2階席の一番後ろに「丁半コロコロ」のお二人を発見!(旧X-GUN)発見しました!
ご報告まで。

2006年05月27日

今頃になって。

旅行が面白かったことに気付いています。

廊下にパンツ事件。気がつけば全裸事件。
それは生活用水だから飲んではいけません事件とか。
珍道中だったよなあ。

中でも一番の大事件。

それは2日目,野口英世記念館で起きました。

野口英世がなんとなく苦手な自分。
素性が結構だらしないと言うことを聞いていたから。
今回も記念館のかわりに喜多方に行きたいという希望を出したんですが,バスに乗っている時間が長くなってしまうことを理由に断念。
小学校時以来の来館となったわけです。

館内ではどこかの高校生と一緒。
上っ面だけを見て騒いでいる彼らを見て思ったこと。
「何か感じているんだろうか?」
うちの子どもたちにはもうちょっと真面目に見てもらいたいので,疲れた体をむち打って,展示物を見て回りました。
小学生は素直です。
わからないこと,びっくりしたこと。
単純に食らいついてきます。
このまま真っ直ぐ伸びれば世の中安泰です。(けどそうはいかないのが世の常)

そうしているうち,あるものが見たくなりました。
それは有名な野口シカさんのお手紙。
自分の記憶の片隅に残っていたものです。
探しても探しても見つからず。(おかしいですが…)
結局見つけたのは売店のレプリカ見本。

ガラスケースの前にしゃがんで覗き込んでみて。
一字一字読んでみた。

読んでみたら。
いや,正確には読もうと思っても読むことが出来ない手紙に込められた思いの丈を,解説書と見比べながら感じてみたら。
涙が溢れてきました。
英世さんにしてもこのシカさんの手紙にしても,様々な俗説があるようです。
そんなものはどうでもよくて。
じいっと見入っていた瞬間。

「先生,写真撮ってくださーい!」
という声。
振り返ったら,隣のクラスnちゃんではないですか。
その自分の真っ赤な目を見て
「もしかして…感動してました?」

実物だったらいざ知らず。
売店のガラスケースの前でレプリカ見本をしゃがんで見ながら泣く先生。
かっこわるーい。

思わず。

「いや,目にゴミが。コンタクトだからさ。」

というベタな言い訳。

ますますかっこわるーい。


ということで,今度は本物見つけられるように,コンタクト買いに行ってきます。

シカさんの手紙←クリック
解説←クリック
profile
J.O.
世の中って不条理だらけよね。
こんな世の中でもさわやかに。
さわやかトリオリーダーJ.O.です。
さわやかトリオ公式WEBSITE
「さわやかすぎる部屋」
ご愛顧の程よろしく。
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめMUSIC
おすすめBOOKS